Skip Navigation

 

プログラム

Home > 教育 > プログラム

外国人向けハングル文化体験のお知らせ

  • プログラム名 : ハングル文化と韓国語
  • 目的 : 主に外国人に対してハングル文化に関わる多様な体験の場を提供し、韓国文化及びハングル文化に対する理解を広める
  • 対象 : 外国人の団体(外国人の韓国語学習者、在韓外国人、外国人労働者、多文化家庭等)
  • 内容: 音楽やダンス、食べ物、文学、書体に対するハングル文化の体験
  • 期間 : 年中・月曜日~金曜日    休館日を除く。休館日:1月1日、旧正月、秋夕
  • 時間 : 午前10時~12時または午後2~4時(変更可能)
  • 人数 : 30名内外
  • 場所 : 国立ハングル博物館別館ハングルナヌムマダン、講堂、常設展示室
  • 参加費 : 無料
  • 申し込み方法 : まず、参加申し届けをメール vvvsound@korea.kr,で送信してください。担当者の確認の後、電話で日程を決めると、参加が決まります。
  • このプログラムは韓国語で進行されます。
  • 団体の展示観覧と解説につきましては電話(+82-10-2124-6200)またはメール(eh1027@korea.kr)へお問い合わせください。

プログラム紹介

1. 盛り上がるハングル
鳳山タルチュムで韓国伝統の公演文化体験
  • タルチュムとは?
    - タルチュムと鳳山タルチュム
    - 鳳山タルチュムの登場人物と用語
  • 常設展示室巡り
    - 訓民正音のハングルの製字原理がわかる
    - 遊び文化に関わる資料の観覧
  • タルチュムの演戯
    - 韓国伝統芸能の体験
    - タル(仮面)をつくる
    - 歌のリズムやタルチュムの動作を習う
    - タルを着けて大獅子と踊る
  • 大獅子の仮面(タル)

  • 鳳山タルチュムの踊り体験

2. 味わうハングル
ハングル料理書「 閨閤叢書 」の 伝統料理をつくる
  • 『 閨閤叢書 』とは?
    - 朝鮮時代の食文化
    - ハングル料理書、閨閤叢書
  • 常設展示室巡り
    - 訓民正音とハングルの製字原理がわかる
    - 食文化にかかわる資料の観覧
  • 『閨閤叢書』の中 の料理を再現
    - 松餅(ソンピョン)を作る
    - 五味氏茶と一緒に味わう
  • 『閨閤叢書』

  • 松餅(ソンピョン)を作る

3. 物語のハングル
最初のハングル小説『洪吉童伝』の印刷・本づくり体験
  • 『洪吉童伝』とは?
    - 朝鮮時代の社会と文化
    - 最初のハングル小説『洪吉童伝』
    - ハングル小説の流れ
  • 常設展示室巡り
    - 訓民正音とハングルの製字原理がわかる
    - 文学および印刷に関わる資料の観覧
  • 自分だけの絵本をつくる
    -『洪吉童伝』の最初のページを木版で印刷する
    - 韓国伝統の本作り方五針眼訂法(五つ目綴じ)体験
  • 『洪吉童伝』の木版s

  • 韓国伝統の本作り

4. 書体でかくハングル
いろんなハングル書体ハンコで 絵を描いて自分だけの絵本をつくる
  • 書体とは?
    - 書体の原理
    - 書体発達の流れ
  • 書体で感情を表す
    - 音や感じをハングル書体で表した例を示す
    - ハングル書体ハンコで感情を表現する
  • 自分だけの絵本をつくる
    - ハングル書体ハンコで自分だけの絵本をつくる
    - 作品の内容を発表し、物語を分かち合う
  • 『訓民正音』解例本

  • ハングル書体ハンコでかいた絵