Skip Navigation

 

館長ごあいさつ

Home > 博物館の紹介 > 館長ごあいさつ

国立ハングル博物館は韓民族最高の文化遺産である「ハングル」の文字的・文化的価値を創出し、広く知らせるために2014年10月9日開館されました。

当館はハングルへの理解を広げ、ハングルと多様な分野との融合を試す展示館であると同時に、子どもたちにはハングルの製字原理を簡単に身につけられ、韓国語の学びたい外国からの方々にはハングルに触れられる「ハングル文化」の遊び場であります。

また、国内外に散在しているハングル資料を調査・収集・研究する中、ハングルの文化的多様性や未来的価値を展示を通じて披露し、世代と国籍を超え疎通と共感を目指す教育によってハングル文化を花咲かせる場でもあります。

展示館のほか、ハングル図書館と休憩空間、そして龍山(ヨンサン)家族公園につながる美しい庭園の含んでいる複合文化空間です。

いつ、どなたでも楽しく訪れ、ハングルの物語を見聞き、味わえるところ、ハングルの過去と現在を呼吸し、未来を夢見る空間になるよう、これからも努めてまいります。