Skip Navigation

 

建築物の紹介

Home > 博物館の紹介 > 建築物の紹介

建築テーマ

ハングル母音の製作原理である天地人を反映し、韓国の伝統家屋の軒と丹青の趣きを現代的に再構成した。

建築概要

  • 位置:
    ソウル市 龍山区 西氷庫路 139 (国立中央博物館と龍山家族公園の間)
  • 事業期間:
    2009年 ~ 2014年
  • 規模:
    地下1階、地上3階
  • 延面積:
    11,767㎡; ※ 展示面積: 3,500㎡(常設・企画展示室、体験・教育施設など)

推進現況

  • 2010年4月 建築設計サービス懸賞公募を行ない、ハングルの過去、現在、未来と文化を基本テーマにした建築設計案が当選
  • 2011年1月 建築設計完了
  • 2011年3月 建築工事発注
  • 2011年7月 ハングル博物館着工式
  • 2013年8月 建築工事完工

各階の概要

各階の概要
区分 面積 主要施設
地下1階 3,684㎡ 視聴覚室、駐車場、倉庫、電気室、機械室
1階 2,838㎡ ハングル図書館、講義室、事務室、収蔵庫
2階 2,191㎡ 常設展示室、ミュージアムショップ・カフェ
3階 2,609㎡ 企画展示室、ハングル遊び場、ハングル学び舎
4階 397㎡ オフィス